• 2012年1月7日 /  未分類

    本日のお題は白髪染めです。勉強のために読んでみたサイを参考にして綴ってみたいと思います。

    色味を優先したらダメージが付いてきましたが、今度は傷ませたくないダメージのことを考えたカラー剤を見ていこうと思います。このようなカラー剤は、ヘアマニキュアヘアカラートリートメントが適しております。これらは、酸化染毛剤のように内部を壊して内部から発色するようなカラー剤ではありません。 髪の毛の表面に吸着するようにして色が付きます。このため、髪の毛の表面がコーティングさらて、色が付きながら髪の毛を保護してくれるのです。しかしこちらもデメリットがあります。それは白髪のみに色が付くことです。ようするに黒い髪は明るくなりません。酸化染毛剤は黒い髪も同時に明るくしながら白髪と馴染ませ、均一のような感じで色が出るのですが、コチラのタイプはそうはいきません。黒い髪も色が付いているのですが、黒だけに判りにくいのです。このような傾向にあるのですが、髪の毛や頭皮には負担が掛からないので、ダメージを優先する方はコチラのタイプがオススメです。

     白髪染めに関して参考になった情報について本日は綴ってみました。読者の方々の今後の参考になれば大変嬉しいと思います。

    Posted by admin @ 10:15 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です